芸能エンタメ★ヤバ人ニュース

今話題のエンタメ激ヤバニュースをいち早くお届け!

北の国からの贈り物☆
もう批判の声すら上がらない…披露宴報道も話題にならず。長友佑都と平愛梨の寂しい今。

今年1月に結婚した平愛梨さんと長友佑都さんが6月24日に国内で結婚披露宴を行うことが報じられ、ネットでは「もうウンザリ」などと否定的な声が飛び交っているといいます。



[以下引用]
「昨年6月に熱愛が発覚した際、長友が平のことをイタリア語で“愛する人”を意味する『アモーレ』と呼んだことが話題になり、さらに堂々と真剣交際宣言したことで、世間に好意的に受け止められていた2人。しかし昨年12月24日に婚約会見を行って以降、翌月29日に結婚するまで、2人揃ってのテレビ出演が激増していたため、最初は祝福ムードだったものの次第に『結婚ネタ、引っぱり過ぎだろ』と辟易する声が多くなりました。これは昨年9月に台湾出身の卓球選手・江宏傑と結婚して以降、何度も会見や披露宴の様子が報道されている福原愛にも通じるものがあるのですが、最初は好感度が高くても、あまりに幸せの押し売りをしてしまうと世間の反感を買ってしまうようですね」(芸能関係者)

プライベートでは充実しているようだが、長友はこのところ所属クラブのセリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノでは出場機会に恵まれていない。となると当然、ネット上では平に対して、「サゲマンなのでは?」と指摘する声も広まり始めてしまっている。

「昨シーズンはリーグ戦22試合に出場した長友ですが、今シーズンは今月3日に30試合を終えて残り8試合となった時点で、9試合しか出番がなく出場機会が減少。しかも出場した際も、第27節のカリアリ戦では終了間際の87分に交代出場するなど、チーム内では非常に苦しい立場に追いやられてしまっています。これには、『結婚で浮かれちゃったからじゃないの?』『テレビ出てる暇があったら練習しろ』などといった批判の声と共に、平のサゲマン説まで飛び交う事態になってしまっています。好感度と長友の出場機会を増やすためにも、メディアへの出演は少し控えた方が良いかもしれませんね」(同)
[おたぽる]

当然出ますよね、平さんのサゲマン説。

スポーツ選手が結婚した場合、妻がたとえ露出を控えめにしていたとしても、夫の調子が下がれば妻が叩かれるのが常ですし、それは妻が有名人であればあるほど顕著な傾向です。

それが平さんと長友さんの場合、交際発覚からかなり浮かれているとしか言えないくらいのオープンさでしたし、平さんは妹さんも含めて謎の天然箱入り娘キャラ全開で引かれてしまい、この流れはなるべくしてなったという感じがします。

しかも、すっかりもう飽きられて、披露宴が批判されるどころかいまいち話題にもなっていないような。

6月の披露宴前後はまたテレビでのろけるんでしょうかね。

長友さんは30歳ということで、そろそろ選手生活の終わりを見据えた活動に入ったのかなという気もしています。

幸せならそれで良いと思いますので、夫婦仲良く頑張ってほしいものです。

2015121014015990211.jpg

スポンサーサイト

関連記事 [芸能ニュース]
芸能ニュース | コメント(0) | 20170409234643 | 編集
前のページ | HOME | 次のページ
ミクシィの新サービス
ワイワイシー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
     © 2018 芸能エンタメ★ヤバ人ニュース  Designed by 意地天